Cotinues

まどかの心の整理ブログ

13歳年下の彼と遠距離の秘密の恋。そんな私の心の整理ブログ。
ダメな方はスルーしてくださいね。

Kissからはじまった恋

ベトナム最後の地ビールと揚げ春巻き🎵


久々にブロともさんのブログを読む余裕が生まれたので色々読んでniceをつけてました。

昨日の朝、ベトナムから戻った足で仕事に行き、子供のサッカーに付き合い、もうへとへと。今朝はかなり寝坊してやっと復活。

でも、終わってない仕事満載です。。。

なのに、、、源くんとの始まり、書きたくなりました。もう、昔のブログ、消しちゃったから。


私たちはネットのゲームサイトで知り合いました。源くんはそこで小説を書いていて、舞台は仮想の時代劇で少しファンタジーと、凄くプラトニックな恋がある内容でした。その頃、素人が投稿した小説をよく読んでいたので感想など送ったりしていました。


私は元来、男女の友情はあると思ってる人なので、二人で飲みに行ったからと言って、即そんな関係なんて思わない性質です。二人っきりでキャンプはないけど3人(男×2と私)はあります。いまでも平気で飲みにも誘います。まぁ私は女の魅力に欠けると言うことなんですけどね(笑)


源くんは初めから敬語で話す人でとても優しくて紳士だと思いました。その頃の時代は、まだアイコンもアバターで、顔さえ見たことがない人でしたがいつもメールのやり取りをするようになり楽しかったのを覚えています。


ある時、友人と海外旅行にいき、数日メールできませんでした。(そんな時代(笑))

源くんは、早く帰ってきてーーーと思ってたそうです。やっぱり、ジラしが必要?(笑)

お土産を送ると言うのに取りに来るという源くん。

「え??なんで??取りに来るって会いに来るってこと??」

、、、この時点では、まぁお姉さんが私の土地を案内してあげよう!くらいの気持ちでした。すごい年下だし、弟のようなもの。

3日居るから泊まるところ探してっていう源くん。手料理を食べたいというのでWeeklyマンションを借りました。


会った瞬間から、凄く昔からの知り合いみたいな気がして、何でだろ?って思ったなぁ。

ご飯食べて帰ろうとすると、『俺一人??寂しいよー、泊まってよー』て。

年甲斐もなく合宿気分で、仕方ないな、じゃ、キャンプってことで。

そこまでたくさん話したりしたけれど、何か男性を感じさせる所は一つもなかったんですよ。久しぶりの休みをとったという彼を、どこに案内してたげようかな?と考えてました。

夜中までおしゃべりして、さすがに眠い。もう休もうか?

彼にベッドを勧めて、私は下で布団で寝るから!と言うのに『俺が下でいい!』と言い張る。いやいや、お客様を下になんて寝かせられないし、、、押し問答。

『じゃ、一緒にベッドで寝よう!』


ん??一緒に??突然???(笑)

おかしいよねー、でも、なんかその時は全く身の危険を感じなかったって言うか雑魚寝?気分?←いま考えるとおかしいです(笑)


ベッドに入って電気消しておやすみー🎵

最初は背中向けて寝てて、まぁなにもないし、ホントに合宿だなぁと彼の方を向いたときに突然抱き締められてキス♥️されました。

『え?え??えーーー??』


それが私たちの始まりです。

源くんに聞いたら『変なやつだと思われたくなくて我慢してたけど、辛抱たまらん!と抱き締めちゃった❤️』と。


この時は確実に彼の方が私を好きだったと思います。多分、ネットで美化されてたんでしょう。私はビックリしすぎて、そして、何やってんだ!私‼️と自分に驚いていました。

彼をそれが目的??と思ったけど、この時は抱き締められてキスしただけでした。

ここから、愛を確かめ合うまで10ヶ月かかるんです。(笑)(笑)(笑)


それはまたいつかの時に。